代表のメッセージ|MAGIC

access_top.jpg

代表のメッセージ


職種や年代を超え「ものづくり」というキーワードを持ち、
人それぞれの技術や個性を尊重しながら
ハートのある「もの」を作っていきたい


最初に当店のホームページを閲覧いただき、ありがとうございます。私はオリジナルプリントリメイクMAGICの代表の木戸口智一(きどぐちとしかず)と申します。当店はいしかわ県金沢市という四季のはっきりとした、海にも山にも恵まれ、一般的に城下町と呼ばれるくらいに歴史的な情緒や風情を感じることのできる町にておよそ15年間営んでおります。 全国的に金沢の市民の人間性は穏やかだとも言われ、その人間性ゆえでしょうか、ものづくりも盛んであり、各分野においての伝統工芸も数多く現存しております。 私は卒業後、東京で働いた後、現在仕事柄でもアメリカに出張する機会も多いのですが、その度にこの地、金沢の良さを痛感しています。

私はこの金沢市の中心地で一番の繁華街に位置する竪町(タテマチ)でMAGICとしては10数年間事業を営んでおります。当店、すなわち私の経営理念の一つはそれぞれに持って生まれ、そして与えられた個性を尊重しつつも最大限に活かすことです。 そして、人との繋がりと出会いを大切にし、「スピード」「クオリティ」「プライス」のバランスを常にお客様やクライアントに提案できる「人」であるように心掛けるということです。

当店のスタッフやパートさんを含む協力者は10代から70代までと幅広く形成しております。 例えば10代のスタッフは当初は元気だけが取柄な時期もあり、時折ご迷惑などをおかけするかも知れませんが、この経営理念を充分把握し、笑う日も泣く日も経ながら日々勤しんでおります。 また、MAGICの作業における協力者の中には県内の授産施設の利用者の労働力や現役を退きました高齢者の方々のご指導なども多くいただいております。



既存の3R事業に
リペア課(Repair)とリメイク(Remake)を
プラスした5R事業の提唱


isico.jpg『ものづくり』と言う一つのキーワードから職種や年代を超え、人それぞれの技術や個性を尊重しながらも集積させて少しでも良いものの製作(制作)を目指しております。 近年、経済産業省などが提唱し、よく耳にする3R(リデュース・リユース・リサイクル)事業に私はリペア(REPAIR)とリメイク(REMAKE)をプラスした5R事業を提案し、大切に考えています。

私の考えでは、日本はもともと加工を得意とし(現在でもそうですが)、常に世界的に一歩リードしてきた国だと思います。 誰かが何らかのアイデアでデザインし、誰かが作り、誰かがそれを必要とします。 そのデザインとものづくりと必要とするお客様のことを大切に考え、自分も含め、スタッフ誰もが微力ながらも環境問題に取り組み、どのような形であれ福祉の精神に貢献できるよう考えております。 今後もハートのあるスタッフを目指し、ハートのある商品を産み出してゆけるような展開を図ってゆきます。


代表 木戸口 智一代表 木戸口 智一