オリジナルTシャツ製作&デザイン制作|MAGIC

tshirts_top.jpg

お客様にとって最適な製作方法をご提案
“デザインをはじめ縫製などの加工方法まで

 お客様の要望は、「とにかく、急いで」「値段は構わないから最高品質で」「1,000枚作るから最安で」「3日で1,000枚できるか」などなど十人十色です。当店では基本的にお客様のリクエストを主として3つに分類し、「スピード」「プライス」「クオリティ」と掲げてニーズに応えられるように考えています。このいずれかの割合を念頭にバランスを考慮し、スタッフ全員が取り組みます。さらなる製作には一流デザイナーや、大学など各学校、大手加工工場などとの連携を取り、どちらを重視しても対応できるようにしています。

 また、縫製、スタッズ、ラインストーン加工なども絡めてこだわりの商品やアパレル色のある加工も受けることが出来ます。 今後も縫製の出来るプリントショップとして、またデザインや提案の出来るプリントショップとして努力してゆきます。

お客様それぞれのニーズとは


 より良いバランスでの製作をするためにMAGICが出来ることとはなんでしょうか。一言で「こだわる」と言っても何にこだわるのかということをMAGICは第一に考えます。 例えば、色重視、デザイン重視、各種のプリント加工の重視、Tシャツのクオリティや形を重視…いろいろあります。 プリントカラーをピンク色にするといっても多種多様なピンク色があり、もっと言えばボディカラーに合わせてみなければなりません。 「とにかく値段重視」という量販生産のパターンなら良いかもしれませんが、こだわる場合はきちんとお互いに納得のあるように打ち合わせたいと思います。 「お客様のニーズとは・・・」ということを打ち合わせの中よりくみ取り、今後も提案出来るようにしたく思います。

こだわりのお客様に揉まれながら発案した純金プリント


 MAGICにて製作を依頼いただくお客様は普段はオリジナルなどの製作をあまりしないと言う方や、逆にとにかくこだわるが、製作は任せるなどと言ったいろいろな方面の方々が多いように思われます。先日も大型の暖簾を製作してほしいという和食店の依頼があり、テーマは「和紙に筆で文字を書き、ちょっと古くなったような暖簾」ということでした。 私は薄手の頒布を紅茶や特殊加工にて染め上げ、インクの色も通常の黒色では私自身が思い描く色ではなかったため、竹炭を粉砕し、特殊インクを製作した上で「和」を最大限に感じてもらえるように当店なりに製作しました。

 また、当店の技術である「印箔」プリントはそう言う姿勢やお客様との関わりより生まれました。どうしても金沢の地場産業である純金を使用し、およそ5年間試行錯誤を繰り返しました。 完成した後に、私が尊敬しているハーレーダビッドソンのショップのバナーを製作させていただくという機会に恵まれました。 デザインよりお任せいただき、昇華転写で加工をした後、桜の花びらを純金で散らしました。 クライアントも当初は驚いていましたが、大変喜んでいただき、2008年度のHOG(ハーレーオーナーズグループ)の一大イベントであるBLUE SKY HEAVENにて使用していただきました。 初めての作品がこの商品で良かったと思っています。 こだわるがゆえにこだわるお客様と信頼関係の上でより良いお付き合いできたらと思います。

※「印箔」プリントは当店の商標登録(第5181852号)です